福祉人材養成事業(研修事業)

看護・介護サービス

健康管理サービス

定期健康診断

新中間病院で年2回実施します。



健康管理

看護師による個別の健康情報の継続的管理を行います。



健康相談

概ね月2回、医師による個別健康相談を行います。

医師の個別健康相談

日常医療支援

病気又は怪我により診断治療が必要となった場合、、職員が下記のサービスを提供します。但し、健康保険に基づく医療費の一部負担の他に保険適用外の医療等については自己負担が生じる場合がありますのでご留意ください。


1.通院

通院可能な場合は、入居者のかかりつけ病院、協力医療機関等又は専門医への通院介助


2.入院

入院治療が必要な場合は、入居者のかかりつけの病院、協力医療機関等又は専門医への入院介助


3.その他サービス

入院、通院、退院に際し、職員による事務手続きの代行、医療機関への付添い、入院中のお見舞い、郵便物、洗濯物のお届け、居室の換気等の支援、療養中の服薬支援等



救急時対応

急に身体の具合が悪くなった場合は、職員が迅速に対応し、応急処置等を行い、また、状況により救急車対応を行います。協力医療機関等で救急治療あるいは救急入院が受けられるようにします。



<協力医療機関>

  • (医)秋桜会 新中間病院
       診療科目:内科、外科、整形外科、肛門科、胃腸科、リハビリテーション科、人工透析センター
  • 宮口歯科医院

介護サービス

一時的な介護、日常生活の一部介助や常時介護が必要になられた場合でも、24時間常駐の看護職員、介護職員が居室や一時介護室でお一人お一人に適したサービスを提供いたします。

当施設は「(介護予防)特定施設入居者生活介護」サービス事業者の指定を受けています。
1ヶ月以上介護サービスが必要になられた場合には、介護保険による要介護申請、認定を受け、ケアプランに基づいたサービスを提供いたします。
その場合は、介護保険で定められた介護度に応じた介護費の一割が、ご入居者負担となります。

介護室